若いのに「ほうれい線」や「シワ」ができる原因と改善方法【10代~20代向け】

 のアイコン画像 

まだ若いのに、ほうれい線が目立つなぁ…

 のアイコン画像 

どうしてこんなに早くシワができるの?

あなたは、こんな悩みを持っていませんか?

10代や20代前半でほうれい線やシワに悩まなきゃいけないなんて、とっても悲しいですよね。


うしまるのアイコン画像うしまる

私も、同じように悩んだことがありました!


20歳頃から【ほうれい線】【目元のシワ】が目立ちはじめて、

「ほうれい線のせいで老けて見えるんじゃないか」

「友達はシワなんて1つもないのに、なんで私だけ…?」

こんな風に、ずっと悩んできました。

それから色々調べて、効果がありそうなものは全部試してみた結果…


ほうれい線やシワが完璧に消えた!!


…とは、残念ながら言えませんが(笑)、かなり目立たなくなるまで改善されました!!


シワの比較画像
真顔(左:20歳、右:25歳)
シワの比較画像2
微笑み(左:20歳、右:25歳)

上の画像は、似た表情で撮った私の写真を並べて、ほうれい線の比較をしたものです。

どれも化粧をして写真を撮ったもので、写真加工はしていません。

(特に2枚目の画像は)光の加減もあるので、多少目立ちやすさの違いはありますが…

5年間で、ほうれい線がかなり改善されたと思いませんか?!

うしまるのアイコン画像うしまる

頑張って良かったと心から思っています!

今、私は20代後半。

ケアを頑張っているおかげで、20歳の頃より今の方がほうれい線もシワも目立ちません。

そんな私が、たくさん調べて分かった ほうれい線・シワの原因と改善方法や、実際に試した中で一番効果があった方法について紹介します。

この記事で分かること
  • 【ほうれい線】【シワ】とは
  • 若いのにほうれい線やシワができる原因と改善方法
  • 実際に私が試して、ほうれい線やシワに効いた方法

10代~20代の若さで、ほうれい線やシワに悩んでいるあなたに、ぜひ最後まで読んでほしいです(*^-^*)

【ほうれい線】【シワ】とは

考える女性

ほうれい線やシワを改善するためには、まず「ほうれい線とは何か」「シワとは何か」を知る必要があります。

うしまるのアイコン画像うしまる

戦うためには敵を知ることが大事!

「正体が分からない相手」と戦うのは難しいですよね(^O^)

戦い方(改善方法)を知るためにも、まずは敵について学びましょう。

1つずつ解説していきますね!

【ほうれい線】とは

ほうれい線(ほうれいせん、漢字表記: 豊麗線、法令線、豊齢線)とは、ヒトの鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本の線。しわでは無く、頬の境界線である。

出典:Wikipedia
うしくんのアイコン画像うしくん

シワじゃなくて、「境界線」なんだね。

「ニコッ」と笑ったときに、くぼみになる所が【ほうれい線】の場所。

ほうれい線ができてしまうと、笑っていない状態でも、顔にくっきりと線が出てしまいます。

うしまるのアイコン画像うしまる

おばあちゃんみたい…(泣)

一般的に、ほうれい線の原因として以下のものが挙げられます。

  • 加齢による皮膚のたるみ
  • コラーゲン不足
  • 肌の乾燥
         など…

年齢を重ねると表情筋が衰え、肌のハリがなくなって皮膚がたるんできます。

また、少しずつ肌内部のコラーゲンが減少。

油分やセラミドもだんだん減ってくるため、乾燥でほうれい線がより目立ちやすくなることも。


ほうれい線は30代ごろから目立ちはじめ、年齢とともに深くなっていきます。

【シワ】とは

皺(しわ、シワ、英: wrinkle、rhytide)は、皮膚や布のような滑らかな表面にできた、折り目、ひだ、隆起のことである。皮膚上の線はシワと称される。皮膚のシワは典型的には老化過程であり、光による損傷や糖化反応、睡眠姿勢の習慣、体重減少の結果、あるいは一時的に長時間浸水したことで表れる。また表情の習慣、喫煙、潤いの不足、その他様々な要因によって促される。

出典:Wikipedia

主に老化現象として、肌にできる線が【シワ】

皮膚が折れて変形することで、肌に溝ができたものを指します。

シワは大きく分けて「表皮性のシワ」と「真皮性のシワ」の2種類があります。

表皮性のシワ

表皮(肌の一番表面)にできる、浅くて小さなシワ。

ちりめんジワ、小ジワと呼ばれ、目元や口元に出やすいです。

肌の乾燥や新陳代謝の低下が主な原因。

放置すると大きなシワになることもあるため、早めのケアが大切です。

真皮性のシワ

真皮(表皮の内側、肌の本体)にできる、溝の深いシワ。

額や眉間、マリオネットライン(口元から下)に出やすく、くっきりと目立ちます。

真皮の細胞によって作られる「コラーゲン」や「エラスチン」の減少により、肌のハリがなくなることで、深いシワとなります。

うしまるのアイコン画像うしまる

紫外線による真皮へのダメージも、シワの原因のひとつ!

真皮性のシワは、一度できてしまうと消すのはなかなか難しいです。

深いシワになる前に予防することが大切ですね。

若いのにほうれい線やシワができる原因と改善方法

肌に悩む女性

前章でお伝えしたとおり、ほうれい線やシワの原因には

  • 皮膚のたるみ
  • コラーゲン、エラスチン不足
  • 油分、セラミド減少による肌の乾燥

などがありますが、どれも老化現象によるものが大きいですよね。


 のアイコン画像 

じゃあ、私はなんでシワができるの?

若くても【ほうれい線】や【シワ】ができてしまう原因は、以下のとおり。

  • 肌の乾燥
  • スマホの使用
  • 過度なダイエット

それぞれの原因について、詳しい内容や改善方法を紹介していきますね。

① 肌の乾燥

肌の乾燥は、ほうれい線・シワの大きな原因となります。


例えば、「地面の土」を思い浮かべてみてください。

水をたっぷり含んだ土は、つややかでしっとりしていますよね。

反対に、乾燥してカチカチになっている土は、かんたんにひび割れてしまいます。

うしまるのアイコン画像うしまる

肌も同じです!

肌が乾燥していると、境界線(=ほうれい線)や溝(=シワ)が目立ちやすくなるんです。


年齢肌が原因でなくても、肌が乾燥することはあります。

肌が乾燥する主な原因は、以下の3つ。

  • 間違ったスキンケア
  • 紫外線によるダメージ
  • 生活習慣の乱れ
うしまるのアイコン画像うしまる

1つずつ見ていきましょう!

間違ったスキンケア

肌を強くこすったり、洗顔をしすぎたり…肌に負担がかかるスキンケアをしていませんか?

  • 洗顔やスキンケア時に肌をこする
  • 1日に何度も洗顔をする
  • タオルでゴシゴシ拭く

このようなスキンケアでは、肌に刺激を与えてしまい、乾燥の原因となります。

うしまるのアイコン画像うしまる

絶対にダメ――!

  • クレンジングは30秒程度の短時間で行う
  • 洗顔は1日2回まで。たっぷりの泡で洗い、ぬるま湯ですすぐ
  • タオルは肌に優しく押し当てる
  • 肌刺激の少ない基礎化粧品を使う
  • 基礎化粧品はハンドプレスでなじませる

上記のように、肌に優しいスキンケアを行うことで、肌へのダメージを抑えて乾燥を防ぐことができます。

また、保湿力の高い基礎化粧品を使うと、肌の乾燥や乾燥小じわにより効果的ですよ♪


肌の隙間を潤いで満たす「Wヒト型ナノセラミド」配合!
ハリ・潤いケアにはASTALIFTのジェリー状美容液がおすすめ
お試しセットなら、送料無料でフルラインが使えます♪

ベーシックトライアルキット


うしまるのアイコン画像うしまる

もともと乾燥肌の方は、ファンデーションも保湿タイプを使うのがオススメですよ(*^-^*)


\ 保湿力バツグン!肌に優しいミネラルファンデ /


紫外線によるダメージ

肌を日焼けさせて、シミやそばかすの原因となる【紫外線】

紫外線は、シワ・たるみなどの肌老化を招くほか、肌の乾燥にもつながります。

うしくんのアイコン画像うしくん

シワの原因にも乾燥の原因にもなるなんて…!

地表に届く紫外線には「UV-A」と「UV-B」の2種類があり、シワや肌の乾燥を招く「UV-A」は、そのほとんど(紫外線の約9割)を占めています。

UV-Aは真皮にまで到達し、肌のハリや潤いを守るコラーゲン・エラスチンを破壊。

透過率が高いUV-Aは肌の奥まで届きやすいため、じわじわと肌にダメージを与え、光老化によるシワや保湿機能の低下(=肌の乾燥)を招きます。

乾燥によって肌のバリア機能が低下し、さらなる乾燥につながる可能性も。

うしまるのアイコン画像うしまる

紫外線対策は必須!

紫外線対策には日傘や帽子、スキンケアやサプリメントなど様々な方法がありますが、日焼け止めは必ず使いましょう。

特にUV-Aは雲や窓ガラスを通りやすいため、曇りの日や室内でも日焼け止めを塗るのがベスト。

肌に優しい日焼け止めの選び方は、

  • シーンに合わせて選ぶ
  • 刺激の少ないものを選ぶ
  • 石鹸で落ちるものを選ぶ
うしまるのアイコン画像うしまる

日焼け止め、使い分けてますか~?


「同じ値段なら効果が高いものにしよう」と、SPFやPAの高いものを選んでいませんか?

日常生活で使うぶんには、SPF15~30、PA++程度で十分。

強すぎる日焼け止めは肌に負担がかかってしまうため、使うシーンに合わせて日焼け止めを選びましょう。

SPF:UV-Bの防止効果。1~50の数値が高いほど、日焼けまでの時間が遅くなります。
PA:UV-Aの遮光効果。4段階の+が多いほど、ダメージ防止効果が高くなります。


なるべく肌に負担をかけないためには、無香料・無着色・紫外線吸収剤不使用など、刺激の少ない日焼け止めを選ぶのが◎

石鹸で洗い流せる日焼け止めを選べば、クレンジングによる肌負担も軽減することができますね(^O^)

\ 低刺激&石鹸で落ちる日焼け止め /

日焼け止めの効果的な塗り方は、

  • 出掛ける30分前に塗る
  • ケチらずにたっぷり塗る
  • 2~3時間おきにこまめに塗り直す

日焼け止めを塗ってもすぐに効果は出ないので、出掛ける少し前には塗っておくようにしましょう。

うしまるのアイコン画像うしまる

スキンケア時、あわせて日焼け止めまで塗るとラクです♪


日焼け止めの適正量は、顔全体の使用で「1円硬貨2つ分」
(クリームタイプの日焼け止めならパール2つ分)

案外多いですが、薄く塗ってしまうと効果減。

日焼け止めをたっぷり塗って、こまめに塗り直しを行うことで、紫外線による肌のダメージを最小限に抑えることができますよ(*^-^*)

【エイジングケアができるおすすめ日焼け止め】
POLA B.Aライトセレクター

業界初!肌にハリを与える「赤色光」のみを透過する日焼け止めクリーム
POLA最高峰ブランドB.Aの美容成分配合で、つや・ハリをサポート(^O^)

生活習慣の乱れ

潤いに満ちた肌は、細胞を生まれ変わらせる「ターンオーバー」によって保たれています。

生活習慣の乱れは、肌のターンオーバーに影響をもたらします。

  • 遅くまで起きていたり、就寝時間が不規則
  • 普段から外食やコンビニ食が多い
  • ダイエットで食事制限をしている

このような生活を続けていると、成長ホルモンの分泌減少や栄養不足により、ターンオーバーが停滞。

肌の乾燥を招く原因となってしまいます。

  • 早めの就寝と規則正しい生活をする
  • 栄養バランスの取れた食事を心掛ける
  • 無理なダイエットはしない

生活習慣を整えることで、ターンオーバーを正常に戻し、肌の乾燥を防ぐことができます。

食事は自炊が望ましいですが、外食が避けられない生活だったり、食事制限ダイエットをすることもありますよね。

そのような場合でも、栄養価を見て食べるものを選ぶ・食事制限の中でも必要な栄養は摂るなど、できる限り生活習慣を整えてあげましょう(*^-^*)

うしまるのアイコン画像うしまる

どうしても食事で栄養が摂れないときは、サプリやプロテインでの摂取もおすすめ!

【低価格で高品質! おすすめプロテイン】
Myprotein(マイプロテイン)

ヨーロッパNo.1のスポーツ栄養ブランド
60種類以上の豊富なフレーバーで、美味しく栄養を摂れます♪


以上の「肌の乾燥を引き起こす3つの原因(間違ったスキンケア、紫外線によるダメージ、生活習慣の乱れ)」を作らないようにすることで、ほうれい線やシワ対策に繋がっていきますよ。

乾燥によってできてしまう「乾燥小じわ」は、早めに対策をすることで改善できますが、油断は禁物。
きちんとケアをしてあげないと、より深いシワになってしまうこともあるため、あとから後悔しないよう若いうちから対策を行いましょう。

② スマホの使用

 のアイコン画像 

スマホとほうれい線・シワに関係があるの?

そう思う方も居るかもしれません。

でも、普段スマホを使っていて、このようなことはありませんか?

  • 目の乾燥や疲れを感じる
  • つい姿勢が悪くなってしまう
  • 同じ表情でいることが長時間続く

これらは全て、ほうれい線やシワの原因です!


スマホの使用によって顔が老けてしまうことを「スマホ顔」と言います。

呼び名が付いているほど、多くの人がこの現象に悩んでいるということ。

 のアイコン画像 

スマホ顔にはなりたくない!

これらの原因に対して、一番の改善方法は「スマホを使用しないこと」

…と言っても、何をするにもスマホが必要な現代で「スマホを使わない」というのは、なかなか難しいですよね(^_^;)

うしまるのアイコン画像うしまる

私も毎日、3時間以上スマホを使っています。

スマホ顔にならないためにも、なぜスマホが老化を招くのかを知っておくことが大切です。


スマホの使用がほうれい線やシワの原因になる理由は、以下の3つ。

  • 目の疲れ
  • 姿勢の悪化
  • 表情筋の衰え

詳しい内容と改善方法をお伝えしていきます。

目の疲れ

毎日、何時間もスマホを見ている私たち。

液晶を見続けることは目の疲労を招くほか、ほとんど目を動かさないことで外眼筋の機能が低下します。

目周辺の筋肉が凝り固まってしまうと、血流が悪化し、目元のシワやクマ、たるみの原因となります。

対策としては、

  • 目を休める
  • 目を温める
  • マッサージをする

意識的に目を休ませる、遠くを見て目のストレッチをするなど、長時間スマホの画面を見続けないことが大切。

また、蒸しタオルやホットアイマスクで目を温めたり、目の周りのツボをマッサージすると、血行が促進されて目の疲れが緩和されますよ。

姿勢の悪化

スマホを見ていると、ついつい姿勢が悪くなりませんか?

常に下を向いていたり首や腰が丸まった状態でいると、肩こりの原因になるだけでなく、顔の皮膚がたるんでしまう原因に。

長時間うつむき姿勢を続けることは、あごや頬をたるませ、ほうれい線・首のシワの発生に繋がります。


改善方法は、

  • 姿勢を正す
  • 目線を上げる
  • ストレッチをする

スマホをまっすぐ持ち、姿勢を正すことで、皮膚のたるみを防ぐことができます。

猫背がクセにならないよう、肩甲骨ストレッチをするのもオススメ。

表情筋の衰え

「表情筋」は、顔のさまざまな箇所を動かすための筋肉。

スマホを見ているときって、あまり表情が変わりませんよね。

うしまるのアイコン画像うしまる

面白い動画を見ているとき以外は、大体「真顔」だなぁ…。

「無表情」の状態が長時間続くと、口の周りの筋肉が硬くなって、表情筋の衰えが加速します。

表情筋が衰えると、フェイスラインがたるんで口角が下がり、ほうれい線やシワの原因となります。

表情筋を鍛えるためには「表情筋トレーニング」が効果的!

血流が改善されるため、むくみ防止や小顔効果もありますよ♪

ほうれい線が気になる場合は、特に「口輪筋(口の周りを囲む筋肉)」と「大頬骨筋(頬を支える筋肉)」を鍛えると良いですよ(^O^)

③ 過度なダイエット

食事をほとんど取らなかったり、短期間で一気に痩せるなどの「過度なダイエット」は、ほうれい線やシワを招くことがあります。

原因としては、

  • 我慢によるストレス
  • 食事制限による栄養不足
  • 脂肪の減少による肌のたるみ

などが挙げられます。

ストレスにより自律神経が乱れると、肌のバリア機能が低下して小じわができやすくなります。

また、肌のハリを保つためには、タンパク質やビタミンなどの栄養が必要不可欠。

過度なストレスが体内の循環に影響を及ぼしたり、食事制限によって栄養バランスが崩れると、必要な栄養が足りずに肌のハリが低下します。

 のアイコン画像 

せっかく痩せても、シワだらけじゃ悲しい…

急激なダイエットを行うことも、ほうれい線やシワの原因に。

脂肪が一気に減少すると、肌が余ってたるんでしまい、老けた印象となってしまいます。

たるんだ肌を元に戻すことは難しいため、長期的なダイエットを心掛けましょう。

肌のたるみを防ぐ減量目安は、1週間で0.5~1.0kg、1ヶ月で2~4kgくらいまで。

過度なダイエットによるほうれい線・シワを防ぐためには、

  • 無理をしすぎない
  • なるべく運動で痩せる
  • 食事制限はほどほどに、必要な栄養は摂る

これらに気をつけて、計画的に少しずつ減量していくことが大切。

ダイエットに運動を取り入れることで、筋肉がついて皮余りの防止になったり、ストレス解消にも繋がります。

食事制限をする際は、タンパク質の多い鶏ささみや大豆製品を積極的に取り入れ、ビタミンの多い野菜(ブロッコリーやカボチャなど)を多く食べるようにしましょう。

うしまるのアイコン画像うしまる

タンパク質やビタミンは美肌のもと!

無理のないダイエットで、美肌もスタイルも手に入れたいですね(*^-^*)

その他の原因:骨格、体型

元々の骨格や体型によっては、若くてもほうれい線やシワが出やすくなることが考えられます。

  • 頬中央の骨格が低い
  • 痩せ型で脂肪が少ない
  • くぼみ、へこみがある

このような骨格・体型の場合、シワやたるみが起こりやすい傾向があります。

痩せ型の人は、皮下ボリュームの不足がシワ・たるみの原因のため、肉付きを良くすることで改善される可能性も。

ただ、元々が痩せ体質の場合、太るのもなかなか難しいですよね…。

対処法としては、以下の3点。

  • 早めのケアを行う
  • ほうれい線やシワが目立ちにくいメイクをする
  • 美容クリニックで治療を受ける

たるみやすい骨格・体型の方でも、早めにケアを行っていれば、ほうれい線やシワを出づらくすることは可能。

普段から生活習慣や保湿などに気を付けて、シワが癖付く前に早めの対策をしましょう。

また、「今すぐ何とかしたい!」という場合は、メイクでカバーする、美容クリニックでの治療を受けるといった方法も。

ほうれい線・シワが目立ちにくいメイク方法
  • スキンケアでしっかり保湿しておく
  • マッサージでコリをほぐして、顔を引き上げる
  • 保湿力が高く、柔らかいファンデーションを使う
  • 厚塗りメイクは×、ヨレないよう薄づきに仕上げる
  • ほうれい線に明るめのコンシーラーを塗る(ハイライト効果)
うしまるのアイコン画像うしまる

ファンデをスポンジで馴染ませると、より自然な仕上がりになりますよ♪

\ きれいに馴染んでナチュラル美肌へ!/


美容クリニックでのほうれい線・シワ治療には、ヒアルロン酸注射・レーザー治療・ウルトラセルなどがあります。

金額は決して安くないですが、早く治したい方にはおすすめの方法です。

初回割引料金を設定しているクリニックもあるので、治療方法について一度相談をしてみても◎

美容クリニック選びの際は、口コミや医師の実績などをチェックした上で、信頼できるクリニックを探してくださいね♪
(安すぎるクリニックは要注意!)


YouTubeでも人気の「友利新」先生や「上原恵理」先生が在籍しているクリニック!
今話題のたるみ治療施術「HIFU(ハイフ)」も取扱っています。WEB予約可能♪

表参道スキンクリニック


 のアイコン画像 

治療は高いし、ちょっとコワイなぁ…

そんなあなたには、エステサロンでの施術もおすすめ。

美容クリニックと比べて、内容的にも金額的にも気軽に試すことができますよ(^O^)

ドクターシーラボのメディカルエステ
世界初導入のリフトアップマシン「プロリフトRF」で、医療マシン超えの周波数を実現!
持続性に優れた施術を、全国の店舗で受けられます♪

プロリフトRFコース


うしまるのアイコン画像うしまる

最後に、私が効果を実感した方法について紹介します!

実際に私が試して、ほうれい線やシワに効いた方法

私が今まで試した中で、ほうれい線やシワに一番効果があったのは、ズバリ…

「POLA」のシワ改善美容液
リンクルショット メディカル セラム

リンクルショット


うしまるのアイコン画像うしまる

これはマジでめちゃくちゃ良いです(語彙力)

テレビや雑誌でも紹介されている有名な美容液なので、聞いたことがある方も多いかもしれません。

リンクルショットは、日本で初めて発売された「シワ改善美容液」

化粧品大手会社のPOLA(ポーラ)が、研究から15年かけてつくった美容液なんです。

有効成分「ニールワン」が真皮まで届いて、シワを改善してくれます。

 のアイコン画像 

シワ用クリームは色々あるけど、他と違うの?

実は、「シワ対策美容液」や「ほうれい線クリーム」のような化粧品はたくさんありますが、「シワを改善する」と謳える商品は数えるほどしかないんです。

うしまるのアイコン画像うしまる

厚労省の認可を受けたものだけが、ハッキリと「シワを改善する」って言えるんです!


私は、20代前半でほうれい線とシワに悩んでから、前章までに挙げた色んな方法を試してきました。

保湿、生活習慣の改善、マッサージやストレッチ…。

どれもほうれい線やシワに効果がありましたが、私がいちばん改善効果を感じたのはリンクルショットでした!

2017年の発売当初からリンクルショットを愛用していますが、使う前より今の方が断然調子がいいです(歳は取っているのに!)

うしまるのアイコン画像うしまる

これが、私が実際に試して効いた方法です(^O^)

本気で「ほうれい線やシワを何とかしたい!」と思っているあなたに、ぜひ使ってほしい美容液です♪

私はリンクルショットでシワ改善効果がみられましたが、これは私個人の感想です。
肌質や相性は人それぞれなので、ほうれい線やシワへの効果には個人差があります。

リンクルショット

ほうれい線・シワ対策は若いうちから始めよう!

スキンケア用品

ほうれい線・シワの原因と改善方法をまとめると…

若いのにほうれい線やシワができる原因
  • 肌の乾燥(間違ったスキンケア、紫外線ダメージ、生活習慣の乱れ)
  • スマホの使用(目の疲れ、姿勢の悪化、表情筋の衰え)
  • 過度なダイエット(ストレス、栄養不足、肌のたるみ)
  • 元々の骨格や体型
ほうれい線・シワの改善方法
  • 肌に優しいスキンケア
  • 日焼け止めを使う
  • 規則正しい生活とバランスの良い食事
  • 目を休める、マッサージをする
  • 姿勢を良くする
  • 表情筋トレーニングをする
  • ダイエットは無理せず、運動を取り入れる
  • メイクで目立ちにくくする
  • 美容クリニックやエステサロンの施術
  • POLA リンクルショット メディカルセラムを使う
うしくんのアイコン画像うしくん

できることから取り入れてみよう!

「まだ若いし、シワ対策なんて早すぎる」と思う方もいるかもしれません。

でも、私は20歳すぎからケアを始めました。

年齢を重ねて、ほうれい線やシワが深くなってからでは遅いんです!

今、少しでもほうれい線やシワが気になっているのなら、未来の自分のためにも、若いうちから対策をしておきましょう(*^-^*)

うしまるのアイコン画像うしまる

エイジングケアは早いほうが吉!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^O^)

同じ悩みを持つあなたが、少しでも前向きになれますように…☆

うしまるのアイコン画像うしまる

一緒にケアを頑張っていきましょ~!


\ ほうれい線やシワを「対策」ではなく「改善」したいなら /

リンクルショット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA