Webメディア「スマイルティース」にホワイトニング体験談が掲載されました!

『映画 えんとつ町のプペル』レビュー!つまらないって本当?みんなの口コミは?

『映画 えんとつ町のプペル』レビュー記事

2020年12月25日に公開された『映画 えんとつ町のプペル』を見てきました。


『映画 えんとつ町のプペル』は、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんが手がけた絵本『えんとつ町のプペル』を映画化したもの。

人気の絵本が映画化したということで、さっそく見てきたのでレビューします!


映画を先に見た人の口コミには、「面白い」という意見も「つまらない」という意見も両方あったので、私のレビューだけでなく、みんなの口コミもまとめて記事にしました。

これから『映画 えんとつ町のプペル』を見るなら、ぜひこの記事を参考にしてくださいね♪

『映画 えんとつ町のプペル』はつまらないって本当?実際に映画を見たレビュー【ネタバレなし】

『映画 えんとつ町のプペル』を見た人の中には、つまらなかったという意見もありますが…

私は、実際に映画を見て「面白いだけでなく、大切なことを思い出させてくれる素敵な映画だな」と感じました!

うしまる

見に行って良かったです!

絵がとても綺麗で、ストーリーもバッチリ。

さすがは原作・脚本の西野さんがお笑いタレントなだけあって、つい笑ってしまうような小ネタがあったり、かと思えば途中で流れる音楽にグッと来たり…

あっちこっちに感情が動いて、映画の世界に引き込まれた100分でした。


私は『映画 えんとつ町のプペル』をつまらないとは思わなかったです。

アニメーション映画なので、見る前は「子供向けかな?」と心配でしたが、作りこみがしっかりしていて学びもあって、大人でも十二分に楽しめる映画だと思いますよ(^O^)!

『映画 えんとつ町のプペル』みんなの口コミと評価

『映画 えんとつ町のプペル』を見た人の口コミ・評価を紹介します!

口コミは、映画口コミサイトやSNSをチェックし、多くの人の意見に近いものをピックアップしました。

『映画 えんとつ町のプペル』の良い口コミ

『映画 えんとつ町のプペル』を見た人の”良い口コミ”には、映画のストーリーや挿入歌が良い!という意見がとても多かったです。

ほかにも、以下のような口コミがありました。

  • 絵がとっても綺麗
  • 今まで見た映画で一番良かった
  • 泣きすぎてマスクがびしょびしょになった

絵やストーリーに感動した人が多かったようですね(*^-^*)

『映画 えんとつ町のプペル』の悪い口コミ

『映画 えんとつ町のプペル』を見た人の”悪い口コミ”は、主に以下のとおり。

  • 序盤が退屈だった
  • 話の起伏が少なかった
  • 原作絵本のほうが好きかも?

“悪い口コミ”自体があまり多くなかったのですが、話のテンポに関する意見がいくつか見られました。

(私は、映画を見ていてもテンポが悪いとは思わなかったです)

『映画 えんとつ町のプペル』の評価

この記事を書いている12月28日現在(映画公開4日目)の評価は以下のとおり。

映画.com
Filmarks映画
MOVIE WALKER PRESS

めちゃくちゃ良くない…?!(特にMOVIE WALKER PRESS)

色んなレビューサイトで高評価がたくさん。

もちろん、映画に満足できなかった人も一定数いるとは思いますが、★の数を見るとかなり評価が高いことが分かりますね(^-^)

『映画 えんとつ町のプペル』のすごいところ【ネタバレあり】

『映画 えんとつ町のプペル』を見て見事にハマった私が、「えんとつ町のプペルのここがすごい!」と思ったところを勝手にまとめました(笑)

映画のすごいところを紹介するにあたって、どうしても少しネタバレが出てきてしまうので…知りたくない方は飛ばしていただくか、薄目で読んでくださいね。


※ネタバレ注意です!


すごいところ① とにかく絵が綺麗!

『映画 えんとつ町のプペル』は原作が絵本ということもあって、とにかく絵が綺麗です…!

映画の全体としては優しいタッチで、登場人物も可愛いアニメキャラクター。

ファンタジックな街並みは、ジブリ映画のような世界観にも思えます。


ただ、背景のイラストがめちゃくちゃ細かく描かれていて、芸術知識に乏しい私でも「この絵はすごく手が込んでいる」と思ったほど。

特に、町の明かりや空の表現が綺麗で、絵の作品としても楽しめる映画だと感じました。

イラストや芸術好きの方なら、かなり満足できるはず!

すごいところ② キャストが豪華!

『映画 えんとつ町のプペル』は、出演キャストも豪華。

ルビッチ(主人公):芦田愛菜
プペル(ゴミ人間):窪田正孝
ローラ(ルビッチの母):小池栄子
スコップ(鉱山泥棒):藤森慎吾
トシアキ(中央銀行の裏ボス):宮根誠司

有名なだけでなく、俳優・声優として実力のあるキャストが勢揃いしています。

うしまる

オープニングソングはHYDEさんが歌ってます!


個人的には、窪田正孝さんのプペルが かなりツボでした!

窪田さんは好青年から悪役まで、幅広い演技をするイメージではありましたが、プペルの自信なさげな声は全くイメージができず。

映画を見ていて、プペルの声優って誰だっけ…?と思ったほどでした(笑)


アントニオ役の伊藤沙莉さんは、最近 映画やCMで注目されている女優さん。

可愛らしいルックスにハスキーボイスが魅力的です。

キャストに名前が載っていることは知っていたのですが、映画館で声を聞いてびっくり!

まさかのアントニオ…(ルビッチの元友達で、ジャイアン的ポジションの男の子)

予想外の役柄でしたが、伊藤さんのハスキーな声がぴったりハマっていましたよ(^-^)



『映画 えんとつ町のプペル』は、キャストそれぞれの良さが最大限に活かされていて、最初から最後まで映画の世界に入り込める作品です。

藤森慎吾さん演じる「スコップ」のマシンガントークは見物ですよ~!

すごいところ③ 込められたメッセージがすごい!

『えんとつ町のプペル』原作者の西野亮廣さんは、「えんとつ町は現代社会の縮図で、『えんとつ町のプペル』は挑戦者の物語」だと語っています。

『映画 えんとつ町のプペル』では、空の向こうに星があると信じたルビッチとプペルを、町のみんなが嘲笑い、行動しようとすれば容赦なく叩きます。

仲間外れにされても、捕まりそうになっても、それでも信じて飛び出したから星が見れた。

この映画に込められているメッセージは、とても大きくて勇気づけられるものだと感じます。



今の社会は、子供も大人も「みんなと同じが一番」という風潮があります。

だから私たちは、できるだけ足並みを揃えて行動し、多くの人たちは「夢を持ったってしょうがない」と思っています。

夢を見つけた人も、そんなこと言ったら笑われるから、やめておけと言われるから、言い出せないし行動もできない。

えんとつ町の人々と同じです。

映画に出てくる異端審問官は、星を信じた人・みんなと違う行動をした人を見つけては、次々と取り締まりをしていきます。

(ブルーノが海に落とされたと知るシーンは、見ていてゾッとしました)

現代社会でも、描いた夢を周りの人に潰されたり、目立つ行動をした人が叩かれることは、よくありますよね。

学生の頃、将来の夢を打ち明けたら、親や先生に「安定してる仕事にしなさい」と言われた。

新しいことにチャレンジしようとしたら「そんなのできるわけない」と鼻で笑われた。

叩かれるのが怖いから「間違ってる」と言い出せなくて、仕方なく周りと意見を合わせた。


こういうことって、誰もが一度は経験していると思います。

『映画 えんとつ町のプペル』は、今の社会に蔓延している同調圧力や「出る杭は打たれる」風潮がよく表現されていて、心にグサッとくる映画です。


 “あの煙の向こう側を誰か見たのかよ!誰も見てないだろ?だったらまだ分かんないじゃないか!”

ルビッチのこの言葉は、『映画 えんとつ町のプペル』の中で一番印象的でした。

挑戦してもできるとは限らないけど、やってみないと分からない。

周りを気にしてできなかったこともあるけど、頑張ってみても良いんじゃないか。


沢山のメッセージが勇気をくれて、見終わった後は自然と前向きな気持ちになれる。

『映画 えんとつ町のプペル』は、そんな素敵な映画です。

私が『映画 えんとつ町のプペル』を見たきっかけと、感想まとめ

私が『映画 えんとつ町のプペル』を見ようと思ったのは、宮迫博之さんと中田敦彦さんのYouTube番組『Win Win Wiiin』を見たことがきっかけです。

偶然、西野亮廣さんが出ている回を見ていたら『映画 えんとつ町のプペル』の話題が上がりました。

そこで西野さんが言っていたのが「夢追い人は、総じてゴミ人間である」

誰もが大人になるにつれて、夢に折り合いをつけて捨てていく。

大人になっても夢を輝かせようとする人がいると、夢を捨てた人たちは都合が悪いから、その人を叩く。

プペルは、みんなが捨てた夢を追いかけた人の姿である。


この話を聞いて、『映画 えんとつ町のプペル』はすごい映画かもしれない!!と思い、翌日には映画を見ていました。

ゴミ人間の話は後編19:50~

『映画 えんとつ町のプペル』を見た人の”悪い口コミ”の中には、「西野亮廣さんの熱烈なファンが褒め称えていて、宗教じみていて嫌だ」という意見もいくつかありました。

私は、西野さんのことはよく知らないし、有料サロンに入っているわけでもないし、何なら原作絵本すら読んだことがありません(笑)
原作絵本はこれから読みます! 1/3追記:読みました。とても良かった…!

それでも、『映画 えんとつ町のプペル』は決してつまらない映画ではなく、心に響く大切なものを教えてくれる映画だと感じました。

アニメーション映画なので、子供はもちろん楽しめますが、大人にこそ見てほしい映画です。

一度でも夢を持ったことがあるなら、グッと来る内容ですよ。


『映画 えんとつ町のプペル』公式サイト


原作絵本『えんとつ町のプペル』は、原作者の西野亮廣さんがネットで無料公開しています!
『えんとつ町のプペル』無料公開サイト

絵本として欲しい方、イラストをじっくり見たい方は、Amazonや楽天、書店などで購入できますよ。

1/3追記【原作絵本(書籍版)を読んだ感想】

ここまで繊細な絵本は初めて読みました。
映画同様、イラストがとても綺麗で、いつまでも見ていられるほど…!

話の内容は、小さな子供には難しいかもしれませんが、絵だけでも存分に楽しめます。

(小学生くらいなら内容も分かるかも!)
映画とは少し違ったストーリーなので、絵本を読めば2倍楽しめますよ(*^-^*)

うしまる

絵や芸術に興味がある方なら、書籍版の絵本はマジでおすすめ…!


そのほか、『映画 えんとつ町のプペル』関連グッズはこちら。

『映画 えんとつ町のプペル』レビュー記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA