栗拾いの服装や持ち物、たくさん取るコツを知ろう!【120%満喫】

秋の味覚といえば、栗!

栗拾いは、大自然と触れあいながら味覚狩りを楽しめる、最高のイベントです♪

この記事では、栗拾いに最適な服装や便利な持ち物、たくさん取るコツなど、栗拾いを楽しむための方法をお伝えします。

うしまるのアイコン画像うしまる

子供の頃から栗拾いに行き続けて15年以上、栗拾いマスターの私【うしまる】が、栗拾いのポイントを伝授します!

栗拾いを楽しみたい、
できれば栗をたくさん取りたい!!


そんなあなたは、ぜひこの記事を参考にしてくださいね(^O^)


栗拾いは、大きく分けて2種類あります。

  • 小さな子供から安全に楽しめる
    「平地」での栗拾い
  • 小学生以上がオススメ
    「山」での栗拾い

この記事で紹介している内容は、「山」での栗拾いを想定しています。
「平地」での栗拾いは、取り方のコツなど一部異なることがあるので、ご了承ください。


★栗拾いマスター【うしまる】は、いちご狩りマスターでもあります(`・ω・´)
いちご狩り歴20年以上の私が伝授する「いちご狩り」のコツは、↓からどうぞ。

栗拾いの基本情報:時期、料金、方法を知ろう!

栗山の風景
うしまるのアイコン画像うしまる

まずは、栗拾いの時期や方法について知りましょう!

栗拾いの時期

栗拾いの時期は、9月上旬~10月中旬の1ヶ月ちょっと。

うしくんのアイコン画像うしくん

けっこう短いんだね!

8月は栗がまだ青い状態で、栗拾いをするには早すぎます。

終わりは10月中旬ごろの農園が多いですが、「栗がなくなり次第終了」だったり、地域によっては11月上旬ごろまで栗拾いを開催しているところも。

10月中旬以降に栗拾いをする場合は、事前に農園ごとの開催時期をチェックしておきましょう(*^-^*)

栗拾いの料金

栗拾いの料金は、おおよそ1,500円前後。
(大人・1kg持ち帰りの場合)

栗拾い 大人料金の例
  • 入園料300円+持ち帰り代金(1kgで800円)
  • 入園料込、持ち帰り1kg付きで1,600円
  • 栗拾い1kg+BBQ代金で3,800円

農園によって料金体系が異なり、入園料が別だったり、昼食込みのところもあります。

うしまるのアイコン画像うしまる

平均すると、大人ひとり1,500円くらい!

子供料金は、入園料のみ~1,000円前後で設定している農園が多いですが、栗の持ち帰りができない場合もあるので要チェック。

持ち帰り方法も農園によって異なりますが、私が毎年行く栗農園は、入場時に1kg用の袋をもらい、袋が一杯になるまで栗拾いを楽しめます。

農園によっては、好きなだけ拾い放題 → 帰りに欲しい分だけ量って持ち帰る、というところもあるようです。

また、一般的な味覚狩りは「時期が遅いと料金が安くなる」ことがありますが、ほとんどの栗拾い農園は、時期にかかわらず一律料金です。

栗拾いの方法

栗拾いは、名前のとおり「栗の木から落ちた栗を拾う」もの。

熟した栗は、木から自然に落ちてきます。

地面に落ちている栗を拾ったり、落ちているイガの中から栗を取り出すものが【栗拾い】

イガから栗を取り出すときは、イガの両側を靴で踏んで開き、トングや手袋を使って栗を取ると安全ですよ(^O^)

うしまるのアイコン画像うしまる

木から落ちていない栗は、まだ熟していません。
無理に取らずに、地面に落ちている栗を探しましょう♪

栗拾いに最適な服装とは

山を登る農家の人たち

栗拾いの服装は「動きやすくて体温調節のできる服」が基本!

山の中を散策しながら栗を探すため、動きやすい・歩きやすい服装は必須です。

また、栗拾いの時期は、ちょうど季節が夏から秋に変わる頃。

真夏日のように暑いこともあれば、「山だから意外と涼しい」なんてことも。

暑くても涼しくても対応できるよう、体温調節がしやすい服装がオススメです。

うしまるのアイコン画像うしまる

栗拾いのOK服、NG服を見ていきましょう!

栗拾いに適した服装

  • 速乾性インナー
  • Tシャツまたは袖がまくれるシャツ(白色以外)
  • 動きやすくて汚れても良いズボン(白色以外)
  • スニーカー(できればメッシュ素材でないもの)
  • ボディバッグやリュック

汗をかくことがあるので、インナーは速乾性のものを。

うしまるのアイコン画像うしまる

ユニクロのエアリズムがおすすめ!

服装は「動きやすくて体温調節がしやすいもの」を選んでください。

長袖シャツなら、袖まくりができるもの。夏日はTシャツでOK!

栗拾いをする女性
いつもこんな感じの服装で行きます


靴は履きなれたスニーカーで、なるべくメッシュ素材以外の靴(硬めの素材)を選びましょう。

栗のイガを踏んで開くこともあるため、メッシュ素材の靴はイガが当たって痛いです…(;’∀’)

ゴム素材ならイガが刺さらないので、スパイク付きの長靴もいいですね。

日差しの強い日は、熱中症対策に帽子(キャップ)を被りましょう!

栗拾いに適さない服装

  • 白い服
  • サルエルパンツ
  • スカートやワンピース
  • ヒール、サンダル、かかとの高いブーツ
  • 手提げバッグ

土で汚れることがあるので、白色の服や高価な服は避けたほうが無難。

スカートやサルエルパンツといった「動きに制限がある服」も避けましょう。

ヒールなどの歩きづらい靴や、手がふさがる手提げバッグは、山では危険です!

「登山用の服」を着る必要はありませんが、少なくとも「この服装でハイキングができるか」を考えて服選びをすると良いですよ(*^-^*)

栗拾いの持ち物

山登りの荷物

栗拾いの持ち物を、「絶対に持っていくべきもの」「あると便利なもの」の2種類に分けて紹介します。

栗拾いに絶対持っていくべき持ち物

  • 飲み物
  • タオル
  • ゴム手袋
  • トング(火ばさみ)
うしまるのアイコン画像うしまる

この4つは絶対に必要です!

まず、水分補給のための飲み物は必須!

山の中に自動販売機は無いので(笑)、忘れずに・多めに持っていきましょう。


タオルは、汗拭き用・防寒用などに使うため、首にかけられる長さのものを1枚以上持っていきます。


ゴム手袋は、栗のイガが手に刺さらない(痛くない)、水や土汚れに強いため、栗拾いにとっても便利。

軍手でも代用できなくはないですが…イガを持ったときに刺さって痛いので、ゴム手袋が断然おすすめです!


トングは、栗をイガから取り出したり、斜面を上り下りする際の杖替わりに使えますよ(*^-^*)

農園によってはトングを貸してくれるので、貸し出し状況を問い合わせしてから行くのも良いですね。

うしまるのアイコン画像うしまる

杖替わりにするなら、長めのトングが便利です!

栗拾いに持っていくと便利な持ち物

  • 虫よけスプレー
  • ウエットティッシュ
  • レジャーシート
  • 塩分補給タブレット
  • 薄手ジャンパー(ウインドブレーカー)

山の中には虫がいるため、虫刺され防止に虫よけスプレーを持っていくと便利。


ウエットティッシュレジャーシートは、山中での休憩・食事をする際に使えます。

うしまるのアイコン画像うしまる

私はいつも、お弁当を持って栗拾いに行きます!
自然の中で食べるご飯は美味しいですよ~(^O^)


また、汗をかくような暑い日は、塩分補給タブレットがあると◎

飲み物をスポーツドリンクにするのも、ミネラル補給ができるのでおすすめです。


反対に「風があって思ったより寒い…」なんてこともあるので、防風機能のある薄手のジャンパーを持っていくと、万が一寒くても困らずに済みますよ(*^-^*)

お子さんと一緒に行くときは、洋服や靴下の替えを車に載せておくと◎
「念のため」があれば、汚れを気にせず楽しめますよ♪

栗をたくさん取るためのコツ

大きな栗の木

せっかく栗拾いに行くなら、たくさんの栗を見つけたいですよね!

栗をたくさん取るためのコツを、【予定編】【探し方編】の2つに分けて紹介します。

栗をたくさん取るためのコツ【予定編】

栗拾いでたくさんの栗を取るためには【栗拾いにいつ行くか】が大切です。

栗拾いをするのにベストな条件は、以下の3つ。

  • 風が強い日の翌日
  • 当日の天気が晴れ または 曇り
  • 午前中

それぞれ解説していきますね。

風が強い日の翌日

風が強く吹いた日は、栗のイガが落ちやすいです(^O^)

風が強い日の翌日に栗拾いをすることで、栗をたくさん取れる可能性が上がりますよ♪

前日・当日ともに晴れている日がベストです!

前日が「台風」などで雨も降っていた場合は、地面がぬかるんでいるため注意が必要です。
雨の日が続いたあとも、地面がドロドロだったり、落ちた栗が腐ってしまうことがあるため、あまりオススメしません。

当日の天気が晴れ または 曇り

栗拾いを予定する日は、天気予報が「晴れ」または「曇り」の日を選びましょう!

暑すぎず、適度に涼しい日がベストです。

雨でも栗拾いができる農園もありますが、服が汚れたりケガをする可能性があるため、オススメしません。

大雨や強風の日は危険なので、栗拾いに行くのはダメですよ!

午前中

栗拾いに行くなら、午前中、できれば朝のうちがベスト。

他の人が栗を拾いきってしまう前に、たくさん取っちゃいましょう!


また、栗拾い農園は夕方早いうち(だいたい16時ごろ)に閉園してしまいます。

午前中に行くことで、時間に余裕を持って栗拾いを楽しめますよ(*^-^*)

栗をたくさん取るためのコツ【探し方編】

栗拾いでたくさんの栗を取るには、「どこの場所でどう探すか」も大切。

探し方によって栗拾いの難しさが変わるため、難易度レベル別に紹介していきます(^O^)

レベルが高いほうが大変なぶん、栗をたくさん取れる可能性が上がりますよ♪

レベル1:栗の木の下を探す
レベル2:草や落ち葉の中を探す
レベル3:斜面を探す ※大人向け

詳しく見ていきましょう!

レベル1:栗の木の下を探す

栗拾いで栗を見つける基本は「栗の木の下を見る」こと。

当たり前ですが…栗は、栗の木の下に落ちてきます。

栗の木がないところに栗は落ちていないので、上を見て「栗の木があるか」を確認してから栗を探しましょう。

特に、【たくさんのイガを付けている、大きくて立派な栗の木】が密集しているところは最高です!

栗が落ちている可能性も高いので、狙って探しましょう♪

栗の木が斜面に生えている場合は、落ちたイガが転がっていくことも多いです。
転がった先を考えて、少し下のほうを探すと見つけやすいですよ!

レベル2:草や落ち葉の中を探す

地面に栗が見当たらないときは、草が生えていたり、落ち葉が溜まっているところを探してみましょう。

一見、何もないように見えても、草や落ち葉の中に栗が隠れていることは多いんですよ♪

うしまるのアイコン画像うしまる

草や葉っぱを手でどけて、隠れている栗を見つけましょう!

落ち葉
こういうところを探してみよう

イガや枝でケガをするといけないので、必ずゴム手袋を付けた手で探すようにしましょう。

また、草や落ち葉の中は、地面が湿ったままなことも多く、何日も隠れていた栗は腐っていることも。

拾った栗は、よくチェックしてから持ち帰りましょう。(栗の見分け方は次の大章にて紹介)

レベル3:斜面を探す

この方法は、少々危険を伴います。
場合によってはケガをすることもあるので、小さな子供や体力に自信のない方、足腰を痛めている方は実践しないでください。
また、この方法は自己責任で、十分に気を付けて行ってください。

山での栗拾いは、比較的平坦な道で栗を探す人が多いです。

そのため、坂や斜面になっているところ(他の人が探さないところ)を探してみると、たくさんの栗が残っている可能性が高いんです(^O^)

探す方法は、レベル1、2のコツと同じ。

栗の木が密集しているところで、草や落ち葉の隙間を探してみましょう!

運が良ければ、1箇所で袋いっぱいの栗を拾うことができますよ♪

山中の崖
こういうところが穴場ですよ~!
斜面で栗を探すときの注意点3つ
  • 足場を確保してから探す
  • ぬかるみ、地面が見えないところは足場にしない
  • 周りをよく見て動く(枝やクモの巣に注意!)

斜面を上り下りする際は、安全第一で!

トングを杖替わりに使うと、体が安定してとっても便利です(^O^)

美味しい栗の見分け方

いが栗

せっかく栗拾いに行くなら、美味しい栗を持ち帰りたいですよね!

できるだけ状態の良い栗を持ち帰るためにも、栗の見分け方を知っておきましょう。

美味しい栗のポイント
  • 変色がない
  • 皮が濃い茶色
  • 穴が開いていない
  • 皮にハリ・ツヤがある
  • 皮がベコベコしていない
  • ふっくらして丸みがある
  • ずっしりとした重みがある

まずは栗の色を見て、きれいな濃い茶色のものを選びます。

黒く変色しているものは腐っている可能性があり、白や薄い茶色の栗は、まだ若くて未熟。

穴が開いている栗も、虫食いの可能性が高いのでやめておきましょう。


栗の質感は、皮が硬くハリがあるもの、丸みや重みがあるものを選びます。


ポイントを押さえて栗を選べば、美味しい栗を持ち帰ることができますよ♪

コツを知って、栗拾いを最大限に楽しもう!

栗拾いは、自然とたっぷり触れ合えて、新鮮な栗を持ち帰ることができるイベント。

普段はなかなか見れない花や植物、生きものと出会えたり、時には動物に会えることも…!

※野生動物と出会ったときは、安全のため、遠くからそっと見るだけにしましょう(*^-^*)

野生のアナグマ
アナグマと出会いました!

美味しい栗をたくさん取って、栗拾いを存分に楽しむためには、ここでお伝えした「コツ」が重要。

コツを押さえて、安全にも気を付けて、ぜひ栗拾いを満喫してくださいね(*^-^*)♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA