いちご狩り6つのコツ【ポイントを知って最大限に満喫しよう!】

甘~いいちごをお腹いっぱい食べられる
いちご狩り

いちご好きにはたまらないイベントですよね♪

 のアイコン画像 

いちご狩りってどんな感じなの?

 のアイコン画像 

何を準備したらいいんだろう…

初めての方はもちろん、行ったことのある方でもいちご狩りを最大限に楽しんでほしい!

そんな熱い思いを込めて…

幼少期から毎年いちご狩りに行き続けて歴20年以上、いちご狩りマスターの私【うしまる】がいちご狩りの楽しみ方・ポイントを伝授します!

この記事では、下調べ~当日までの流れに沿って、いちご狩りのコツを6つに分けて紹介しています。
よくある疑問についての答えや、美味しくいちごを食べる方法などが分かります。

うしまるのアイコン画像うしまる

これを読めば、あなたもいちご狩りマスター! (^O^)

いちご狩りのコツ①:いちご狩りについて知ろう

手のひらに載るいちご
  • シーズンは1月上旬~5月頃
  • 価格は大人ひとり1,500円~2,500円くらい
  • 「ビニールハウス内で食べ放題」の形式が多い

いちご狩りは、年明け~春まで長い期間楽しむことが出来ます♪

シーズンの後半になるほど、価格が安くなりますよ。

うしくんのアイコン画像うしくん

早い時期の方が、いちごが甘いよ(^O^)

最近は、ハウス内&高設栽培のいちご狩りが多いですが、露地栽培や土耕栽培の所もあるので、農園のホームページ等を参考にして下さいね。

※露地栽培…ハウス内ではなく外で栽培
 土耕栽培…土に苗を植えて、低い場所で栽培

 高設栽培…養液を使って、高い場所(1メートルくらい)で栽培

いちご狩りのコツ②:いちご狩り農園を調べよう

いちご狩りについて分かったら、次は農園について調べてみましょう!

 のアイコン画像 

行ったことないから、どこにあるか分からない…

そんな方は、「〇〇県 いちご狩り」で調べるとランキングサイトが出てきますよ♪

うしくんのアイコン画像うしくん

調べたときの疑問をまとめてみたよ~(^O^)

色んないちごを楽しみたい!

あきひめ、紅ほっぺ、とちおとめ…

せっかくなら色々食べてみたいですよね!

いちご狩り農園のホームページには、栽培しているいちごの品種が載っています。

複数の品種を楽しめるところもあるので、ぜひ食べ比べしてみて下さい♪

サービスで練乳を入れてくれる農園は多いですが、練乳がおかわり自由だったり、チョコやホイップクリームがつけ放題!なんてところもあります。チェックしてみて下さいね。

制限時間30分で足りるの?

足ります!(※大人の場合)

制限時間は30分で設定されていることが多いですが、大人がひたすら食べる分には30分で十分足ります(^^)

私はいつも20分くらいで食べ終わります…。

ただ、

  • 写真を撮ったりお喋りしながらゆっくり楽しみたい
  • 小さい子供を連れて行きたい

このような場合は、時間が長く設定されているところを選びましょう!

制限時間が45分や1時間のところもありますよ♪

何時ごろ行くのがおすすめ?

朝一番がおすすめ!

早い時間なら大きないちごも沢山あるので、いちご狩りがしやすいです。

美味しそうないちごが食べられちゃう前に!

朝一番をおすすめします。

農園も、レーン分けをするなど、いちごが無くならないように気を付けています。
「お昼過ぎに行ったらいちごが全然無い!」という事にはよっぽどなりませんので、安心して下さいね。

ランチを楽しんだ後、おやつでいちご狩りへ♪ という方は、農園の営業時間をチェックしておきましょう!

15時~16時で受付終了のところがほとんどなので、夕方遅くに行くと食べられません…。

うしくんのアイコン画像うしくん

せっかく来たのに「営業終了」じゃ悲しいからね~!

お手洗いはあるの?

農園によります。

手洗い場→あったりなかったり
トイレ→ほとんどある

手洗い場が無い農園も多いので、ウエットティッシュ等を持参するのがおすすめです。

トイレはほとんどの農園でありますが(私が行ったところはどこもありました)、簡易トイレのところもあるので、気になる方はいちご狩りの前に済ませておきましょう。

いちごは水分が多いので、どうしてもいちご狩りの後はトイレが近くなります。
農園は郊外にあることが多く、周りには畑とハウスしか無いことも…。
いちご狩りに行く前に、周辺にトイレを使えるところがあるか調べておきましょう!

いちご狩りのコツ③:予約をしよう

いちご狩り農園と日にちが決まったら、予約をしましょう!

予約なしで楽しめるところもありますが、混雑しているとすぐに入れないこともあるので、日時が決まっているのなら予約しておくのが安心です。

  • 農園に直接電話予約
  • ホームページからネット予約
  • じゃらん等の予約サイトから予約

などの方法で予約できますよ♪

参考:じゃらん いちご狩り特集 https://www.jalan.net/theme/berry/


平日のほうが比較的空いているのでおすすめです。

予約をせずに行く方も、定休日と営業時間はしっかり見てから行きましょう!

いちご狩りのコツ③:準備はしっかりと

いちご狩りの予定はバッチリ!

次は服装、持ち物のチェックですよ~ (^O^) 

服装

いちご狩りにも、最適な服装があります。

それは、汚れても大丈夫な動きやすい服!

  • スニーカー
  • 色の濃い服、靴
  • パンツスタイルや動きやすいスカート
  • ヒール
  • 高級な服
  • 白い服、靴
  • タイトスカート、ロングスカート

白い服、白い靴は絶対にやめましょう!

いちごの汁や、土などで汚れるとかなり目立ちます。(経験者は語る…)

また、座る場所が無かったり、地面が土のままやビニール敷きだったりするので、ヒールのある靴もおすすめしません。

履き慣れたスニーカーをおすすめします。

↓こんな感じがおすすめです↓

歩く外国人の男女
(フリー画像のそれっぽい服装が、この写真しかありませんでした…)

ハウス内でいちご狩りをする場合、良く晴れた日はハウス内の温度が上がるため暖かいです。

特に、4~5月の晴れ日はかなり暖かく、汗ばむこともあるので、 普段より少し薄手の服装で行くことをおすすめします。

バッグ

サコッシュバッグ

片手にいちご、もう片手にヘタ入れのトレーを持って歩くので、

  • ショルダーバッグ
  • ボディバッグ
  • リュック

などの、両手が空くバッグがおすすめです。

もしくは、手ぶら(笑)

持ち物

普段の持ち物に加えて、

  • ティッシュ
  • ウエットティッシュ、おしぼり
  • タオル
  • ゴミ袋
  • 子供用の着替え

を準備しましょう!

ティッシュは、簡易トイレだった場合にペーパーとして使うこともあるので、多めに持って行きましょう。

いちご狩りのコツ⑤:いちご狩り農園に着いたら

ここまでの章で準備はバッチリ。

いちご狩り当日に気を付けることと、美味しく食べるコツをお伝えします。

現地で気を付けること

時間を守ろう!

予約の場合、集合時間が決められています。

時間に遅れると、その分いちご狩りを楽しめる時間が短くなってしまいます。

時間に余裕を持って到着し、たっぷりいちご狩りを満喫しましょう♪

また、決められた制限時間は必ず守ってくださいね。

レーンの占領に注意!

たくさんのいちごがあるので、写真を撮るのも楽しいですよね。

ただ、いちご狩りのレーンは狭いです。

写真に夢中だと、周りの人を「通せんぼ」してしまうこともあるので、周りをよく見て楽しむようにしましょう。

食べ残しのないように楽しもう!

いちごを取りすぎて食べれない…なんてことのないように、食べられる分だけこまめに取るようにしましょう。

焦って取らなくてもいちごはいっぱいあります♪

最近は、いちごの先端だけ食べて白い部分を残す人もいるようですが、それはマナー違反

次の章で美味しい食べ方も紹介しますので、いちごを残さず食べて楽しみましょうね。

いちごを美味しく食べるコツ

いちごの選びかた

いちご狩りのいちご
  • ヘタの部分が反り返っている
  • 色が濃くてツヤがある

この2つが、美味しいいちごのポイントです!

まれに、裏側が腐ってしまっているものもあるので、よく見てから食べましょう。

「美味しそうないちごは取りつくしちゃったかな~」という場合は、いちごを少し下から見てみましょう!

葉っぱの陰に隠れていたり、他のいちごで見えなかった子たちが出てきますよ(^O^) 

日陰に隠れていたいちごは冷えているので、美味しさも倍増です♪

いちごの取りかた

初めてのいちご狩りでは、いちごが上手に摘めないことも多いです。

いちごって、引っ張ってもなかなか取れないんですよね…。

いちごの茎を傷つけてしまわないためにも、取りかたを覚えておきましょう!

  1. いちごの実を優しく持つ
  2. 手首のスナップをきかせて、斜めにひねる

これだけで簡単にいちごが取れます!

力を入れずに簡単に摘むことができるので、ぜひ試してみて下さいね。

いちごの食べかた

  • ヘタ側から食べよう!

    ヘタの部分を持ってパクリと食べる方が多いですが、いちごをより美味しく食べるためには、ヘタ側から食べるのがおすすめです!

    いちごのヘタを取って、ヘタ側から食べてみましょう。

    いちごは先端に行くほど甘くなるので、酸っぱい方→甘い方の順番で食べることで、より甘く美味しく感じられます♪

  • まずは何もつけずに食べてみよう!

    練乳やチョコなどのトッピングを、最初からつけてしまうのはもったいない!

    まずはそのまま食べて、いちご本来の甘味を味わいましょう♪

    十分に堪能してからトッピングで味を変えれば、2倍楽しめますよ。

いちご狩りのコツ⑥:さいごのコツは…

いちご狩りの沢山のいちご

いちご狩りをお腹いっぱい楽しんだら、帰る前にきちんと片付けましょう♪

多くの農園では、「いちごのヘタ」「トレー」の2つに分別して捨てるようになっています。

その他のゴミは一般ゴミ箱に捨てるか、場合によっては持ち帰りましょう。


きれいにして帰る、これがいちご狩りを楽しむ6つめのコツです (^O^) 

いちご狩りに行く際の参考になれば嬉しいです♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA