傷んだ髪にはヘアオイルがおすすめ!効果・使い方・種類別おすすめオイルも紹介

 のアイコン画像 

ダメージヘアを何とかしたい!

  • 髪の毛がパサパサ
  • 髪が広がりやすい
  • 枝毛、切れ毛がある

こんなお悩みをお持ちのあなた!

髪の毛の傷み・広がりには【ヘアオイル】が効果的ですよ(^O^)

この記事では、ヘアオイルの効果や使い方、傷んだ髪におすすめの理由について紹介しています。

ヘアオイルを使って、しっとりサラサラ髪を目指しましょう♪

うしくんのアイコン画像うしくん

おすすめヘアオイルの紹介もあるよ~!

傷んだ髪におすすめ【ヘアオイル】とは

くしとヘアオイル

ヘアオイル】とは…

油が主成分のヘアケア剤。

毛髪の水分・油分を補い、熱などのダメージから防ぐために使います。

ヘアオイルの効果

  • 髪に潤いやツヤを与える
    潤いを与えることで、まとまりやすい髪へ

  • オイルの膜で髪を保護する
    ドライヤーの熱やブラッシングの摩擦から髪を守る

  • 髪のダメージを補修する
    ダメージを補修し乾燥から髪を守ることで、パサパサ・枝毛を防ぐ
うしくんのアイコン画像うしくん

傷んだ髪を補修しながら保護してくれるんだね!

ヘアオイルの種類 & おすすめオイル

ヘアオイルの種類は、大きく分けると

  • 植物性オイル
  • 動物性オイル
  • 鉱物性オイル

の3種類があります。

それぞれの特徴と、おすすめのヘアオイルを紹介します。

植物性オイル

植物性オイルの特徴
  • 天然の植物から作られたオイル
  • 髪の内部まで浸透
  • 保湿力に優れており、髪に優しい
  • 髪や肌に負担をかけたくない方におすすめ

髪、頭皮、肌をケアできるロングセラーの多機能オイル。

無香料・無着色。低刺激成分でやさしく髪になじみます。

軽やかで髪なじみのよいオイル。

ほのかに甘いあんずの香り。

天然由来成分のみで作られた、SNSやサロンで人気のオイル。

ヘアオイル、スタイリング剤、ボディオイルに使える万能アイテム。

動物性オイル

動物性オイルの特徴
  • 動物から抽出されたオイル
  • 肌なじみ、伸びがよい
  • 保湿力が高く、つややかに仕上がる
  • 保湿重視の方にオススメ

髪・肌への負担となる8つの成分を無添加。

しっかりまとまるツヤ髪へと導きます。

浸透性に優れたなめらかな使用感。

ヘアケア、クレンジング、スキンケア、ベビーマッサージなどに。

鉱物性オイル

鉱物性オイルの特徴
  • 石油が主な原料(ミネラルオイル)
  • 酸化しづらいため長持ちする
  • 外的ダメージから髪を守り、ツヤを出す
  • 価格、持ちの長さ、香り重視の方におすすめ

さらっとした軽いテクスチャーで指通りの良い髪へ。

ローズの香り。

硬い髪をやわらかくし、落ち着いたスタイルづくりに。

フローラルの甘い香り。

ヘアオイルの使い方

濡れた髪の毛の女性
ヘアオイルの基本の使い方
  • タオルドライ後の濡れた髪に使う
  • 手のひらに数滴取り、毛先を中心になじませる
  • ドライヤーでブローする

基本は、「流さないトリートメント」と同じ使い方で大丈夫です。

髪を乾かした後や昼間でも、パサつきが気になる時にヘアオイルを付ければ、しっとりまとまる髪になりますよ(^O^)

また、ウェット感を出すためのスタイリング剤として、ワックス代わりに使用するのもオススメです♪

たくさん付けすぎると髪がベタベタになるので、1,2滴ずつ調節しながら付けてくださいね。

傷んだ髪にヘアオイルを使ってみた

ヘアオイルを使えば、傷んでパサパサの髪でもきれいにまとまるのか?!

実際に私が愛用しているヘアオイル【大島椿 椿油】を使って、髪の変化を見てみましょう!

違いが分かりやすいように、乾いた髪にヘアオイルを付けています。

向かって右側のみに適量のヘアオイルを付けた写真がこちら。

くせ毛にヘアオイルをつけた
※くせ毛のため、髪の毛に動きがあります。
うしまるのアイコン画像うしまる

しっとりツヤツヤになりました!

左側の髪がパサついているのに比べて、右側の髪はしっとりまとまっているのが分かります。

髪のツヤも出てイイ感じですね♪

ヘアオイル使用時の悩み Q&A

 のアイコン画像 

効果も使い方も分かったけど、ヘアオイルはベタつくって聞くし…

上手く使えば、ヘアオイル使用時の悩みは解消できるんですよ!

ヘアオイルを使うときのよくある悩みと解決方法を、Q&A形式で紹介します(^O^)

ヘアオイルを使うと髪がベタつく。どうすればいい?

髪がベタつくときは「使用量が多い」です。

ヘアオイルの使用量の目安は

ショート:1~2滴
ミディアム:2~3滴
ロング:3~4滴

です。かなり少量でOK。

こんなに少なくていいの?と思うかもしれませんが、オイルはよく伸びるので少量で十分です。

冬場など伸びが悪いときは、手のひらで少し温めてから伸ばすのがオススメ。

猫っ毛なので髪が「ぺたん」となっちゃう。

髪が細くて柔らかい方は、ヘアオイルを付けることでボリュームが減って、ぺたんこ髪になってしまうことがあります。

そんな場合は「毛先のみにつける」ようにしてください。

髪の根元にヘアオイルを付けると、ふんわり感がなくなってしまいます。

「毛先のみ」に「ごく少量」付ければ、ぺたんこ髪にならないはずですよ(^O^)

ヘアオイルは匂いが気になるってホント?

ヘアオイルによっては匂いがするものも。

(天然由来成分のオイルは特に)酸化によって、油の匂いがしてくることがあります。

対処法としては、

  • 酸化しづらい製品を選び、早めに使い切る
  • 店頭のテスターで香りを確認してから購入する

この2点です。

鉱物性オイルは「いい香り」が付けられている製品も多いので、好きな香りのものを選ぶのもいいですね。

傷んだ髪にヘアオイルがおすすめな理由

傷んだ髪にヘアオイルがおすすめな理由は、以下の3点。

  • ダメージの原因から髪を保護する
  • 髪のダメージを補修して乾燥を防ぐ
  • 保湿力が高いため髪がしっとりまとまる

髪が傷む原因には、

  • 紫外線による日焼け
  • ドライヤーやヘアアイロンの熱
  • シャンプーやブラッシング時の摩擦
  • ヘアカラーやパーマの薬剤によるダメージ

などがあります。

熱や摩擦から髪を保護し、潤いを与えるヘアオイルは、傷みの原因から髪を守ってくれます。

ヘアオイルで髪のケアをして、きれいなツヤ髪を目指しましょう♪

うしまるのアイコン画像うしまる

私のような【くせ毛】の方にもオススメですよ!(^O^)


\ まとめ髪のアホ毛・広がりにお悩みの方はこちらもどうぞ /

\ブログ運営者「うしまる」の愛用ヘアオイルはこちら/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA