おすすめ記事☆肌荒れケアできるミネラルファンデ

ヘアドネーションって何年伸ばすの?実際の経過写真と体験談を紹介【くせ毛・傷んだ髪でもOK】

ヘアドネーション何年伸ばす?体験談と経過写真

こんにちは、うしまるです。

先日、人生初の【ヘアドネーション】をしてきました!


ヘアドネーションは、伸ばした髪の毛を寄付して、病気の子供のためのウィッグ(かつら)を作り、無償で提供する活動。

私もなにか手助けができればと思い、数年かけて髪の毛を伸ばして、ヘアドネーションの団体へ寄付をしてきました!


この記事では、

  • ヘアドネーションのための髪を伸ばす期間
  • 髪を伸ばした経過と手入れについて
  • ドネーションカットと寄付の体験談

を紹介しています。

ヘアドネーションに興味がある方、これからヘアドネーションをしようと考えている方の参考になれば嬉しいです(*^-^*)

ヘアドネーションって何年伸ばすの?

ヘアドネーションをするためには、寄付する髪の毛が必要となります。

ヘアドネーションに必要な髪の毛の長さは、31cm以上。

髪の毛は1ヶ月で1cm伸びると言われているので、計算上は31ヶ月=2年と7ヶ月あれば、ヘアドネーションに必要な髪の毛を伸ばすことができます。

伸ばしている間の手入れカットや、ドネーションカット時のヘアスタイルを考えると、少なくても3年は必要ですね。

うしまる

私は3年半かかりました!

もちろん、髪が伸びるのが早い人や、すでにロングヘアの人は、そこまで長い時間は必要ありません。

また、つな髪のヘアドネーションなら15cmから寄付ができるので、何年も伸ばすのは難しい人や男性の方にもオススメです。
※寄付できる髪質には一定の条件があります


反対に「3年以上の時間がかかっても大丈夫」という方は、ぜひスーパーロングに挑戦してみてください!

31cmの髪の毛で作れるのは、ショートヘアのフルウィッグ。

ロングヘアのウィッグを希望している子供も多い中、必要な長さの髪の毛がなかなか集まらず、ロングヘアウィッグの製作が難しくなっているとのこと。

50cm以上でセミロング、60cm以上でロングヘアのウィッグが作れるので、時間や長さに制約がなければ、できるだけ長く伸ばしてから寄付すると喜ばれますよ(^O^)

私がショートヘアから3年以上髪の毛を伸ばした経過【写真あり】

私は、2017年11月から約3年半かけて髪の毛を伸ばしてきました。

当時の髪型は、かなり短めのショートヘア。

そこからロングヘアになり、31cm以上のドネーションカットができる長さまで伸ばした過程を、写真付きで紹介します。

髪型1
伸ばし始め

これは、私が髪を伸ばし始めた頃の写真です。

初めてのベリーショートをひととおり満喫し、「とりあえずボブくらいにしよう」と伸ばすことに。

まだかなり短く、メンズと同じくらいの長さしかありません。

うしまる

このとき、実はまだヘアドネーションを知らなかったんです!

髪型2
半年後

伸ばし始めて半年後の髪型がこちら。

ショートヘアなので放ったらかしで伸ばすわけにもいかず…。

2ヶ月に1回ペースで美容院に通い、髪型を整えながら伸ばしていきました。

髪型3
1年後

全体的な長さは半年前とあまり変わりませんが、毛先が揃って、良い感じのボブヘアに。

「そろそろ髪型を変えようかな~」と思っていたころ、新聞の記事を見てヘアドネーションを知ります。

ロングヘアにしてはバッサリ切り、を繰り返していた私は「どうせバッサリいくなら寄付して役立てよう!」と思い、ヘアドネーションに向けて伸ばすことにしました。

ちょうど、ベリーショートにしたときに髪をリセット(パーマ・カラーなしの状態)していたので、髪質が悪くなっていないことも後押しになりました(*^-^*)

髪型4
1年半後

ベリーショートから1年半かかって、ようやくミディアムヘア。

これくらいまで伸ばすと髪を縛ることができるので、管理が楽になります(笑)

できるだけ髪質の良い状態を保ちたかったので、ヘアカラーでのイメチェンはせず。

ヘアオイルでツヤ感を出したり、アクセサリーを使って簡単なアレンジを楽しみました。

髪型5
2年とちょっと後

1年半が経ったときに、思ったほど伸びないと感じたので、美容院に通う頻度を減らしました。

髪が伸びて細かな手入れがいらなくなったのを良いことに、2ヶ月に1回の前髪カットと半年に1回の全体カットのみ。

おかげで、半年ちょっとでかなり伸びました!

うしまる

美容院代がメッチャ安くなりました(笑)

髪型6
3年後

伸ばし始めて3年が経ったころには、もう立派なロングヘア。

毛量を減らしていないので、これくらいになると髪を下ろしているほうが難しくなります(すっごい広がる!)

3年も髪を伸ばし続けていると、さすがに飽きてきますね…。

そろそろ切ろうかな?と思いましたが、長さが足りないと伸ばした意味がなくなっちゃうので、もう少し頑張ることに。

髪型7
3年半後(カット前日)

毎日のように「もう切っちゃおうかな」なんて葛藤と戦いながら、3年半伸ばし続けました!

『31cm以上切っても絶対大丈夫な長さ』になったので、ようやくドネーションカットをすることに決めます。

切ってしまう前に、ロングヘアしかできないことをやっておこう!と思い、高めのポニーテールから三つ編みアレンジ、お団子ヘア、二つ結び(アラサー女子には勇気が必要で、なかなかできなかった)など、髪型アレンジを存分に楽しみました(笑)

うしまる

ロングヘアを満喫してからヘアドネーションをしました♪

ヘアドネーションに向けての髪の手入れ

髪の毛を長いあいだ伸ばしていると、どうしても色が抜けて明るくなったり、枝毛や切れ毛が増えてしまいます。

ヘアドネーションは髪のダメージがあってもできますが、なるべく最善の状態で寄付できるよう、日頃から髪のケアをしておきたいもの。

この章では、私がヘアドネーションをするにあたって、実際にしてきた髪の手入れを5つ紹介します(^O^)

  • パーマ・カラーをしない
  • 美容院の回数を減らす
  • ホームケアを念入りに行う
  • 髪に負担の少ない製品を使う
  • 枝毛カットをする

ヘアドネーションに向けての髪の手入れ① パーマ・カラーをしない

ヘアドネーションのために伸ばしているあいだ、パーマやカラーは一度もしませんでした!

パーマ・カラーをしている髪でも寄付は可能ですが(※寄付団体による)、続けているとどうしてもダメージが大きくなってしまいます。

なるべく髪を傷めないよう、パーマの代わりに貧乏パーマ(三つ編みをして寝る⇒起きたら巻き髪!)やヘアカーラーを使ったり、ダメージの少ないヘアアイロンを使っていました。

ヘアカラーの代用として、カラーバターカラートリートメントを使うのもオススメ◎

パーマやカラーをしなければ、髪に良いだけでなく支出も減らせて一石二鳥(*´▽`*)!

工夫をしながら髪を伸ばしていくのも楽しいですよ♪

ヘアドネーションに向けての髪の手入れ② 美容院の回数を減らす

髪を早く伸ばすために、美容院に通う回数を減らしました。

2ヶ月に1回カット⇒2ヶ月に1回前髪カット、半年に1回全体カット

2ヶ月に1回ペースで美容院に行くと、毛先カットをするだけで、せっかく伸びたぶんが元の長さに戻っちゃうんですよね…。

これじゃ伸ばすのに時間がかかりすぎる!と思い、少しずつ美容院に通う間隔をあけて、ロングヘアになったころには半年に1回ペースで通うように。

うしまる

ロングヘアなら、半年ごとでも全然大丈夫!

美容院に行く回数を減らしたことで、髪の毛をより早く伸ばすことができました(^O^)♪

ヘアドネーションに向けての髪の手入れ③ ホームケアを念入りに行う

美容院に時々しか行かない=サロンでのヘアケアができないため、ホームケアは以前より念入りに行いました。

美容師の知人いわく「特別なケアより、毎日のシャンプーが一番大切」とのこと。

美容院代が浮いた分でサロンシャンプーを買ったり、市販でもヘアケア効果の高いシャンプーを使うようにしました。

また、日焼けや摩擦でも髪は傷むため、春夏は髪の毛が焼けないように日焼け止めスプレーを使ったり、タオルドライ時は髪の毛をこすらないように優しく乾かしたり。

ロングヘアは乾かすのも大変なので、ハホニコの髪のためのタオルなんかは、かなり便利でした!

髪が長くなってくるにつれ、どうしても毛先がパサつきがちだったので、流さないトリートメントはヘアオイル(椿油)を愛用。

「サロンで高いトリートメントをする」といった特別なことではなく、普段のヘアケア+髪を傷めないための少しの工夫を心掛けていました(*^-^*)

ヘアドネーションに向けての髪の手入れ④ 髪に負担の少ない製品を使う

ヘアケアに使う電化製品も、なるべく髪に負担のない製品を使っていました。

ドライヤーは、大風量のマイナスイオンドライヤーを使い、低温で根元から乾かすことでダメージを軽減。

ヘアアイロンは、美容院での人気が高いホリスティックキュアを使っています。

少し高価ですが、後々の髪の手入れを考えると、かなりコスパは良いです。

うしまる

ホリスティックキュアは髪がしっとりするので、まじでオススメ!!

毎日使う電化製品を、髪に優しいものに変えるだけでも、髪質キープが期待できますよ(^O^)

ヘアドネーションに向けての髪の手入れ⑤ 枝毛カットをする

うしまる

この方法は、うしまるオリジナルです!笑

髪が伸びてくると枝毛・切れ毛が目立ってくるので、時間があるときに枝毛カットをしていました!

毛先を少し取って、枝毛や切れ毛がある場所の少し上をハサミでチョキン。

気付いたときに切っておくことで、ダメージの悪化を防いでいました。

(何周しても枝毛は出てきたので、効果があったかは微妙です…)

最近知ったんですが、髪の長さを変えずに傷んだ部分だけをカットする枝毛カッターというものがあるそう。

枝毛を探しては切る、という工程は正直めんどくさいので…もっと早く知ってたら良かったです(笑)

ヘアドネーションで大変だったこと

ヘアドネーションのために髪を伸ばしていて大変だったことは、主に以下の4つ。

  • 毛量のキープ
  • ヘアケアが面倒
  • 髪型に飽きてくる
  • vs切りたい気持ち

これから伸ばし始める方は、心構えの参考にどうぞ(・w・)

ヘアドネーションで大変だったこと① 毛量のキープ

ヘアドネーションでウィッグを1つ作るためには、30~50人分の髪の毛が必要。

せっかく寄付をするなら毛量は多いほうが良い!と思い、髪を伸ばし始めてから3年半のあいだ、量を減らさないように心がけていました。(※毛量が少なくてもヘアドネーションできます)

美容院に行くたびに「すかないで下さい!」と言い続けた結果、ロングヘアになる頃には毛量がスゴイことに…。

うしまる

ドネーションカット体験談の章に写真を載せています!

くせ毛も相まってどんどんフワッフワになるので、ほとんど髪を縛って過ごしていました。


ちなみに、髪が長くて毛量が多いと、寝るときに邪魔なんですよね…。

私は、根元から髪をかき上げて枕の上に流していましたが(伝われ)、ナイトキャップを使うと邪魔にならず、摩擦ダメージも減るのでオススメです。

ヘアドネーションで大変だったこと② ヘアケアが面倒

髪の毛が長いと、とにかくヘアケアが面倒!

くせ毛が広がってくるので、トリートメントやヘアオイルでの手入れはサボれません。

ドライヤーで乾かすのは時間がかかるし、中途半端に乾かすと翌朝は寝グセが大爆発!

髪を傷ませないためにも、タオルドライをしっかりしてからドライヤーを使っていました。

うしまる

前章でも紹介した髪のためのタオル、これが超便利!

ヘアドネーションで大変だったこと③ 髪型に飽きてくる

ずっと髪を伸ばし続けていると、どうしても髪型に飽きてきます…。

ショートからボブあたりまでは変化があるので良いですが、問題はロングヘアになってから。

2年近く「同じような髪型で伸びるだけ」だったので、さすがに飽きます(笑)

可愛いヘアゴムを使ったり、ロングヘアでしかできないヘアアレンジに挑戦してみたり。

せっかくの長い髪を楽しみつつ、飽きた気持ちをごまかしながら伸ばし続けました。

ヘアドネーションで大変だったこと④ vs切りたい気持ち

一番大変だったのは、最後の数ヶ月。


髪を切りたくてたまらない!!!

そんな気持ちになります。

それでも、カットのときに「長さが足りない」なんてことにならないように、髪を早く切りたい気持ちと戦いつつ、伸ばしていきました。

もし、あなたがどうしても髪を切りたくてたまらなくなったときは、YouTubeの【マツカワリュウドウチャンネル】が役に立ちます。

YouTube
【イケメンにして下さい‼️】45cm超バッサリ!!「いつもは1000円カットで..」「き、緊張してます..」ヘアドネ...
【イケメンにして下さい‼️】45cm超バッサリ!!「いつもは1000円カットで..」「き、緊張してます..」ヘアドネ...青山で現役美容師のマツカワリュウドウです☺︎バッサリカットを通して自分を変える楽しさ人が変わっていく様子を観る楽しさをより多くの人に伝えて、美容を少しでも好きにな...

髪を切りたくなったときに見ていましたが、ヘアドネーションの動画が沢山UPされてるので、モチベーションの助けになりました(^O^)

うしまる

こんな風に変われるかな…♪とワクワクしますよ!

ヘアドネーションカットの体験談と寄付の流れ

ベリーショートから髪を伸ばし始めて3年半、ようやく『31cm以上切っても絶対大丈夫な長さ』になったので、ドネーションカットをしてきました!

まず最初に考えるのは「どこの美容院でカットをしてもらうか」

ドネーションカットは通常のカットと手順が異なるため、ヘアドネーションに協力している美容院に行くか、担当美容師にあらかじめ相談してから予約をします。

私は、知人の美容師さんにお願いして、ドネーションカットをしてもらいました!

参考:
ジャーダック賛同サロン検索システム
つな髪サポート店紹介ページ

寄付をする髪の毛は、清潔な状態で、完全に乾いている必要があります。

美容院でもシャンプー前のカットとなるので、当日はヘアオイルやワックスなどを付けていない状態で、ドネーションカットに行きました。

うしまる

前日のお風呂上がりは、普段通りのヘアケア(ヘアオイル)を行いました!

ドネーションカット当日の髪の状態は、こんな感じ。

ドネーションカット1

くせ毛の「うねり」、色の抜け、毛先のパサつきなどがありますが、ヘアドネーションには問題ナシ。

あと、とにかく毛量がスゴイ…(笑)

髪の長さは、胸下5~8cmほどありました。

ようやくスッキリする喜びと、ずっと伸ばしてきた寂しさが半々。

ドネーションカット⇒シャンプー⇒通常のカット の流れで行うので、さっそくドネーションカットの準備をしていきます。

ドネーションカット2

髪の毛を少しずつ束にして分けて、細いヘアゴムでしっかり結びます。

結び目から髪の先端まで、31cm以上あることをチェック。

長さの確認ができたら、結び目の1cm上あたりをカットします!

ドネーションカット3

ドネーションカット後の写真がこちら。

かなりバッサリ切りました!

髪の毛がガタガタになっているので、ここからシャンプー⇒通常のカットを行い、髪型を整えていきます。

ドネーションカット4

きれいにカットしてもらい、約4年ぶりにヘアカラーもして、新しい髪型の完成です!

うしまる

スッキリ&イメチェンできて大満足♪

ヘアドネーション用にカットした髪の毛は、持参したビニール袋に入れて持ち帰ります。

ドネーションカット5

家に帰って長さを測ってみると、一番短いもので結び目から先端まで32cm。

長いものだと37cmあったので、実際にはベリーショートから3年半で40cm近く伸ばしたことになりますね!

じゅうぶんな長さがあることが分かって、一安心でした(*^-^*)

持ち帰った髪の毛は、ヘアドネーションの団体に郵送で寄付をします。

ドネーションカット6

髪の毛はヘアゴムで縛ったまま、ビニール袋へ(チャック付きがおすすめ)

ドナーシートと、受領証用の返信用封筒を入れて、団体へ送ります。

ヘアドネーションはこれで完了!

あとは、送り先の団体にて、ウィッグ製作に役立てられます。

【2021.6.17追記】
ヘアドネーションの受領証として、可愛いステッカーが届きました!

シールになっているので、小物に貼って使おうと思います(*^-^*)♪

ジャーダックの受領証

私はジャーダックという団体へ寄付しました!
寄付団体によって、髪質の条件や送付時の注意点などが異なるので、各団体のサイトを参考にしてくださいね(^-^)

ヘアドネーションに挑戦してみよう!【くせ毛・傷んだ髪でもOK】

今回は、私のヘアドネーション体験談を紹介しました。

長いあいだ髪の手入れをしながら伸ばすのは大変だったけど、自分の髪の毛が人の役に立つこと・お金をかけなくても社会貢献ができたことは、本当に嬉しいです!

また、ヘアドネーションをするにあたって色々と調べた中で、

  • 30~50人分の髪の毛を集めて、ようやく1つのウィッグができる
  • 人毛は希少価値が高い(1kgで6万円くらい!)
  • 常にウィッグを待っている人たちが居る

ということを知り、もっと多くの人にヘアドネーションを知ってほしくて、この記事を書きました(^O^)


ヘアドネーションは、くせ毛でも31cm以上あればできます。

パーマやカラーで傷んだ髪でも、引っ張ってちぎれるほどのダメージがなければできます。

美容院に行かなくても、自宅で切った髪を寄付することもできます。


髪が長い方、これから伸ばそうという方は、ぜひ(無理のない範囲で)ヘアドネーションに挑戦してみてください!

捨ててしまうはずだった自分の髪の毛が、病気の子供たちへの素敵なプレゼントになりますよ(*^-^*)

うしまる

私も、またヘアドネーションをしたいです!

髪の毛の寄付が難しい方でも、購入支援や募金でヘアドネーションの応援ができます!
詳しくは…ジャーダック公式サイト「買って支援・募金

最後に、主なヘアドネーション団体の紹介と、ヘアドネーションに必要なものをお伝えしておきます。

ヘアドネーション団体の紹介

JHD&C(ジャーダック)…うしまるが髪を寄付した団体

日本初、ヘアドネーションを専門に活動しているNPO法人。
フルウィッグ製作のため31cm以上の髪の毛が対象
カラー・パーマ・ブリーチ・くせ毛・白髪OK(薬品処理を行います)

つな髪

医療用ウィッグメーカーが運営。
フルウィッグ・帽子ウィッグ製作のため15cmから寄付可能
(長く伸ばせない方や男性でも寄付しやすいです!)
明るい色・パーマ・ブリーチ・白髪NG、弱いくせ毛OK

NPO法人HERO

子供のためのボランティア団体。
髪の毛の長さ・状態の規定はジャーダックとほとんど同じ

他にもヘアドネーションの団体はいくつかあるので、好きなところを選んで寄付してくださいね(^O^)
各団体で規定が異なるので、髪の長さや状態などの条件確認をお忘れなく!

ヘアドネーションに必要なもの
  • 31cm以上の髪の毛
    ※つな髪は15cm以上
    長ければ長いほど貴重です!

ドネーションカットで必要なもの

  • 髪の毛を入れるビニール袋
  • はさみ、細いヘアゴム…自宅で切る場合

団体への送付時に必要なもの(ジャーダックの場合)

  • カットしてビニール袋に入れた髪の毛
  • 送付用の封筒と切手 またはレターパックなど
  • ドナーシート(手書きOK、任意)
  • 返信用封筒と切手(受領証用、任意)

詳しくはジャーダック公式サイト「髪の毛を送る」ページ参照

ぜひ楽しみながら髪を伸ばして、ヘアドネーションに挑戦してみてくださいね♪

この記事が参考になれば嬉しいです(*^-^*)

うしくん

ヘアドネーションをする人にオススメの記事はこちら!

※当記事で書かれている髪の長さや状態などの条件は、私うしまるが寄付をした団体「ジャーダック」の情報を主として記載しています。
ヘアドネーション団体によって規定や条件は異なるため、寄付の際は必ず各団体のサイト等を確認してください。

ヘアドネーション何年伸ばす?体験談と経過写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

thirteen − three =