おすすめ記事☆肌荒れケアできるミネラルファンデ

電気ストーブの電気代が高い2つの理由&電気代を安くする方法3選

電気ストーブの電気代が高い理由と安くする方法

冬になると高くなる電気代。

エアコン暖房+電気ストーブを使っている我が家では、毎年冬になると電気代が爆上がりです(^_^;)

うしまる

電気ストーブを頻繁に使うのが原因だろうけど…

なんとか安くしたいけど、寒さに耐えながら過ごすのはイヤ!

そんな私が、電気ストーブの電気代を安くする方法を考えてみました。

この記事で分かること
  • 電気ストーブの電気代が高い理由
  • 電気代を安くする方法
  • コスパ最強のおすすめ暖房グッズ

ちなみに、手っ取り早く電気代を安くしたい場合は電力会社の一括比較がベスト。

電力会社によって電気料金は変わるので、一度見直してみると良いですよ(*^-^*)

電気ストーブの電気代が高い2つの理由

電気ストーブは、他の暖房器具と比べて電気代が高くなることが多いです。

電気代の比較
出典:dmarket

表を見れば一目瞭然、電気ストーブの電気代はエアコンの1.5倍。

毎日3時間使えば、それだけで月に約3,000円も電気代が高くなります。

我が家のように、家族それぞれが使っているとなれば…そりゃ電気代が爆上がりなのも納得ですね(^▽^;)


では、なぜ電気ストーブを使うと電気代が高くなるのでしょうか。

主な理由は以下の2つです。

電気ストーブの電気代が高い理由

①消費電力が大きいから
②ずっと同じパワーで動くから

うしまる

詳しく見ていきましょう。

電気代が高い理由① 電気ストーブは消費電力が大きいから

電気ストーブは他の暖房器具と比べて、一般的に消費電力が大きいです。

暖房器具消費電力
オイルヒーター1000~1200W
電気ストーブ800~1000W
エアコン600~800W
ホットカーペット500~700W
こたつ200~300W

電気代は、消費電力×使用時間×電気料金の単価で計算されます。

消費電力の大きい電気ストーブは、必然的に電気代が高くなりますね。

電気ストーブの種類にもよりますが、強弱の切り替えができる製品も多数あるので、シーンに合わせて切り替えながら使うことで電気代を抑えられますよ。


2段階切り替え&安全装置付

電気代が高い理由② 電気ストーブはずっと同じパワーで動くから

 

オイルヒーターは消費電力が大きいけど、なんで電気ストーブより電気代が安いの?

前章の表を見て、このように思った方もいるかもしれません。

電気ストーブの消費電力がオイルヒーターやエアコンと大きく変わらないのに比べ、電気ストーブの電気代は他の暖房器具より圧倒的に高いですよね。

その理由は、電気ストーブがずっと同じパワーで動いているから。


オイルヒーターは内部のオイルを循環させて放熱する暖房器具ですが、沢山のパワーが必要なのは最初の【オイルを温めるとき】だけ。

そのあとは温まったオイルを使うので、少しのパワーで部屋を暖めることができます。

消費電力は大きくても、そのうちの一部のパワーしか使わない = 電気代を抑えられるということですね。


エアコンも、一度部屋が暖まったあとは自動的にエコ運転に切り替わります。

部屋の温度を一定に保てばよいので、消費電力を全部使うこともありません。


反対に電気ストーブは、800Wならずーっと800W、1000Wならずーっと1000Wで出力し続けます。

常に全力運転!なので、そのぶん電気代が高くなるというわけです。

うしまる

次の章では、電気代を安くする方法を紹介します(^-^)

電気ストーブの電気代を安くする方法3選

電気ストーブの使用で高くなる冬の電気代。

電気代を安くする方法を3つ紹介します!

電気ストーブの電気代を安くする方法
  • 機能付き電気ストーブを使う
  • 他の暖房グッズを活用する
  • 電気料金プランを見直す

電気代を安くする方法① 機能付き電気ストーブを使う

電気ストーブの中には、人感センサーやエコモードが搭載されている製品があります。

人感センサー:人の動きを察知して自動で電源ON/OFF。人が居るときだけ暖めるので、電気代を節約できます。
エコモード:室温に合わせて自動的に省エネ運転。電気の無駄遣いを防ぎます。

強弱切り替えスイッチを使う、こまめに電源を切る といった方法でも電気代を節約できますが、私のようなズボラさんには機能付き電気ストーブが◎

機能付き電気ストーブを使えば、手間をかけずに電気代を安くできますよ。


人感センサー付


エコモード搭載

電気代を安くする方法② 他の暖房グッズを活用する

そもそも【電気ストーブを使わない】というのも、電気代を安くする1つの方法。

厚着をする?エアコンで頑張る?

「足元が寒いから電気ストーブを使ってるの!(怒)」なんて声も聞こえてきそうですが…

無理をしなくても、電気代を抑えて快適に過ごす方法はあります。


例えば、電気毛布

4,000円程度から購入できて、電気代も1時間で1円ほど。

電気代はほとんど気にしなくて良いですね。

就寝時の使用だけでなく、ひざ掛けやホットカーペット代わりにも◎

掛け敷き両用の電気毛布を選べば、体全体を暖かく包み込んでくれますよ。


掛け敷き両用&丸洗いOK


うしまる

私のイチオシは「充電式湯たんぽ」です!

充電式湯たんぽとは、お湯の入れ替えが要らない、蓄熱タイプの湯たんぽ。

内部に元々入っている湯を充電して温めて、繰り返し利用できるエコな暖房グッズです。

3,000円程度から購入でき、電気代は充電ごとに約2円。

一度充電すれば4~8時間暖かさが持続するので、コスパ最強ですね。


充電式湯たんぽは、私も今年初めて購入したんですが、これが…ものすごく良い…!

抱きかかえたり、膝に乗せたり、床置きして足を乗せたり。

コンパクトだし、思った以上に使い勝手が良いんですよねぇ。

就寝時の冷え対策として買ったつもりが、パソコン作業時も、仕事場にも、常に行動を共にしています(笑)


私は末端冷え性なのですが、湯たんぽを使ってから足先の冷えに悩むことがなくなりました。

ちなみに、私が使っている湯たんぽはコレ↓


充電式湯たんぽは、金属やプラスチック製の湯たんぽと違って柔らかく、肌触りも最高(*´▽`*)

リラックスタイムや就寝時、デスクワークの方は仕事時にも便利ですよ。


私は、すぐ暖まりたいときは電気ストーブ、長時間使いたいときはフットウォーマー+湯たんぽを使っています。

使い分けをしてから電気代が安くなったので、暖房グッズとの併用はかなりおすすめです。

電気代を安くする方法③ 電気料金プランを見直す

 

電気代は気になるけど、電気ストーブを気兼ねなく使いたい!

それなら、電気料金プランを見直すのも1つの方法です。

節約の基本は、固定費の見直しから。

おおもとの電気代が安くなれば、電気ストーブの使用に限らずおトクになりますよね♪

電気代ってどこも一緒じゃないの?と思いがちですが、使用量ごとの単価は電力会社によって異なり、新しい電力会社には基本料金が0円のところもあります。

電気料金プランを見直すことで、年間の電気代が2万円以上安くなることも!

比較だけなら、2分程度でかんたんにできますよ(*^-^*)


電気代をうまく節約しながら電気ストーブを使おう!

電気ストーブは、手軽に使えてすぐに体を温めてくれる優れモノ。

電気ストーブの電気代は高いですが、電気代をうまく節約しながら使えば、家計の負担を抑えることができます。

寒い冬を快適に過ごすために、これからも電気ストーブを活用していきたいですね(^O^)


さいごに、記事の内容をまとめます!

電気ストーブの電気代が高い2つの理由

①消費電力が大きいから
電気代=消費電力×使用時間×電気料金の単価
②ずっと同じパワーで動くから
電気ストーブは常に全力運転!使うほど電気代は上がる

電気ストーブの電気代を安くする方法3選

①機能付き電気ストーブを使う
人感センサー・エコモード搭載の製品で無駄遣いを防ぐ
②他の暖房グッズを活用する
電気毛布充電式湯たんぽを併用
③電気料金プランを見直す
安いプランに切り替えて電気代を節約

この記事が参考になれば嬉しいです(*^-^*)


電気ストーブの電気代が高い理由と安くする方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

five × four =